高齢者と交通事故

これから日本は、益々高齢社会になって行くと言われています。
既に4人に1人が65歳以上。
このまま行くと、近い将来もっと高い比率で高齢者が多くなると言われています。
また、高齢者世帯の数も多く、日常生活を送る上で車の運転はどうしても必要だと考えている方も少なくありません。
通院、買い物など、車以外に移動手段が無いとおっしゃる方も中にはいらっしゃるようです。
しかしながら、年齢を重ねれば肉体的にも精神的にも衰えてくるのが私達。
場合によっては、運転は控えた方が良い場合もあるでしょう。
その見極めは難しいところですが、やはり無理は禁物です。
よく考えて一番大切なことは何なのかをもう一度考えてみるべきなのかもしれません。

高齢者の方の交通事故を見ると、一番多いのが「交差点での出会い頭の事故」となっています。
その理由は色々あると考えられているのですが、複雑な判断をするのが難しくなっているからだとも言われています。
若い方であればすぐに判断して行動できますが、高齢になるとそれが難しくなってくる。
わずかコンマ数秒の遅れが事故に結びつくこともあります。
また、視力の問題などもあるとのことです。
視野が狭くなるなどの問題もあります。
高齢になったら、様子を見ながら無理せずに運転免許証を返納する勇気も必要です。
そして、工夫しながら他の方法で移動するようにしたいものです。
ここでは、高齢者と交通事故について紹介します。
参考にしてみてください。



★管理人推奨サイト
法律事務所では交通事故で残った後遺症の障害認定を手伝っています ⇒ ⇒ 交通事故 後遺症